結婚式 祝辞 あれこれ

結婚式 祝辞は一見難しそうに見えますが、コツさえつかめば簡単です。

結婚式 祝辞には主賓としての祝辞、来賓としての祝辞、上司としての祝辞、
友人としての祝辞、などがありますが、全ての結婚式 祝辞に通用することは
スピーチ時間を5分以内として、原稿を作り上げましょう。

結婚式の祝辞は難しくありません。リラックスすることですよ。
会場には石ころが転がっているとでも思えばいいんですよ。リラックス リラクッス。

結婚式 祝辞は短いながらも心のこもったものにすることが一番です。
せっかく作り上げた、結婚式 祝辞。

結婚式 祝辞をスピーチするときは、主賓祝辞でも、来賓祝辞でも、
友人祝辞でも、心のこもったものだと感動を生みます。

祝辞を出来るだけうまく話そうと思わないことです。
普段の声で、普段のスピーチ速度でスピーチすれば絶対に伝わります。

結婚式 祝辞を書いたものを結婚式式場にもっていくのは分かりますが、
本番の結婚式披露宴では原稿を見たまま、棒読みにならないよう、
気を付けましょう。

また、祝辞をスピーチしているときに「えー、あー」などの言葉を可能な限り、
言わないようにしましょう。

結婚式 祝辞は新郎、新婦に語りかけるように話すと新郎、新婦ともに
聞き入ってくれるでしょう。

結婚式 祝辞でひとつだけ気をつけたいのが、忌み言葉をついつい言わないように
気をつけましょうね。例えば、雨降って地固まる などの格言めいたこととか、

切れる、別れる、飽きる、などの言葉を使わないように、できれば、前の晩に
家族を前にプレゼンテーションをしておけば、リラックスしてスピーチできます。

あなたの心のこもった結婚式 祝辞が新郎、新婦の心の中に感動を生むかも
知れませんよ。

結婚式の祝辞を頼まれたら、快く引き受けたいものですね。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。