結婚式 祝辞 作り方

結婚式 祝辞を頼まれたら、先ずは何分ぐらい話すかを
一番最初に決めましょう。

結婚式 披露宴は大体2時間程度がよいといわれています。
結婚式 祝辞を述べる人は、主賓、来賓、友人を中心に、親戚も入る場合が
ありますね。

結婚式 祝辞だけで合わせて1時間以上ともなると宴会が疲れてきます。
主賓での結婚式 祝辞、友人としての結婚式 祝辞、頼まれたらその時の
状況によって話す時間を考えましょう。

結婚式 式次第は、

※ 新郎新婦入場  ※ 仲人挨拶  ※ 主賓挨拶  ※ 乾杯  ※ 宴会

※ 友人スピーチ  ※ 余興  ※ キャンドルサービス  ※ 万歳三唱

大体、こんなものですが、やはり、祝辞の時間が大きく影響します。

結婚式 祝辞を作る場合、時間は5分以内ですね。
特に、主賓、来賓の祝辞は自分としては短め目かなと思う程度で十分です。

結婚式 祝辞のコツはゆっくりと話すことです。
結婚式に参列している人は殆どが、結婚式 祝辞は短い方がいいと
思っているものdけす。

主賓、来賓、友人 いずれの祝辞も基本的な構成は、

※ 祝福の言葉を含めた最初の挨拶

※ 新郎、新婦の紹介、主賓 来賓の場合は格言、自分の経験談など、
  新郎、新婦に参考になる話を、友人の場合は、エピソードなどを
  準備すれば、立派な結婚式 祝辞になります。

※ 終わりの言葉  激励の言葉などを入れましょう。

結婚式 祝辞は以上の3つの骨子から組み立てたら、たやすく作れます。
短い祝辞でも相手の心に通じればこれ以上のことはありません。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。