乾杯の音頭 注意点

結婚式 祝辞は主賓、来賓、友人、親戚と色々ありますが、
乾杯の音頭も結婚式 祝辞のひとつですね。

結婚式での乾杯の音頭、これは結婚式披露宴を始めるにあたり、
大事な役割を果たします。

結婚式 祝辞のひとつである乾杯の音頭を誰にしてもらうか、
これも迷うそうですね。

結婚式で乾杯の音頭をとるのが多いのが、職場でいえば、
代表者が主賓の場合、NO2の人らしいですね。

中には、新郎新婦の親戚が乾杯の音頭を取るケースもよくあるようです。
結婚式 祝辞は主賓、来賓、友人の祝辞へと目がいきそうですが、
乾杯の音頭も大事なんですね。

よく見かけるのが、乾杯の音頭で指名された人が、主賓の結婚式 祝辞より
ながなが祝辞を述べる人ですね。

よくみかけません?グラスにビールを並々ついだのはいいのですが、
乾杯の音頭の前に、結婚式 祝辞を述べだし、止まらない人を。

全員立ったまま、まるでお預けを食ったような経験ありません?

この前出席した結婚式では、主賓の結婚式 祝辞が30分、来賓の祝辞が20分、
乾杯の音頭での結婚式 祝辞が10分、
なんと、最初の結婚式 祝辞だけで1時間もかかったのですよ。

結婚式披露宴の宴会が始まる前に、出席した人たちは疲れまくりでした。
当の結婚式 祝辞スピーカーたちはご満悦でしたが、ご本人たちは
気が付かないんですね。

案外とこういう結婚式が多いのではないでしょうか。

結婚式に於いては乾杯の音頭も結婚式 祝辞のひとつです。
乾杯の音頭だけを高らかに宣言し、披露宴を盛り上げるようにしたいですね。

乾杯の音頭の文例も結婚式 祝辞集にのっているので参考にしましょう。

それではカンパーイ!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。