結婚式 祝辞を主賓として頼まれた場合

結婚式 祝辞を新郎、新婦の主賓として頼まれた場合はどうでしょうか。

結婚式 祝辞を主賓として述べるのは式の最初なので緊張しますね。
でも、前もって祝辞文章の構成をねりあげておけば心配要りません。

主賓の祝辞だからといって、ながなが話す必要はありません。
乾杯の音頭の前です、参列者の殆どは短くと願っています。

結婚式 祝辞だから肩を張った内容にする必要は全くないのです。
ただ、主賓の祝辞ですから、あまりに砕けた表現は避けましょう。

結婚式 祝辞 主賓の場合。

※ 冒頭挨拶  ※ 新郎または新婦の紹介、エピソードの紹介  ※ 最後の挨拶

骨子はこれくらいでしょう。ただ、最近は仲人をたてない人が多いので、
仲人がいない結婚式の場合、主賓の結婚式 祝辞の中でなれそめなどを
長くならない程度に紹介する必要はありますね。

主賓の結婚式 祝辞は新郎新婦の長所、人格をさりげなく褒めて、
参列者の心に残るように話すことを心がけましょう。

結婚式 祝辞だからといって、必要以上にべた褒めすると嫌みが出てきます。
新郎、新婦の日頃の出来事などを少し脚色して話してあげるのもいいですね。

祝辞最後の挨拶は、新郎、新婦への激励の言葉として、格言でもいいし、
自分の経験でもいいし、新郎、新婦の心にしみるようなものが
話せたら最高ですね。

結婚式 祝辞 主賓の場合の時間ですが、大体5分以内でしょうね。
15分も20分も長々話す人もいますが、好ましくありません。

主賓、来賓の祝辞と続いた場合は、長い結婚式 祝辞だったら
うんざりします。5分以内に抑えましょうね。

結婚式 祝辞だから、しかも主賓の祝辞だからといって、
うまくしゃべろうと思わないことです。

緊張のあまり、原稿を見たまま、棒読みにならないよう気を付けましょうね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。